奄美☆かめとらの奄美生活Blog

世界自然遺産の島、奄美大島で草花を探して記録したり、気付いたこと思ったこと、写真を添えて日記にしています

湯治の宿 田島旅館 (1)

あっという間に2月になってしまいました。
何だかねー、仕事行って帰ってくるとグッタリ来る。
身体というより心が疲れて何もできない。

10円ハゲが耳の後ろにもあることが発覚。
やだわー。

そんな言い訳で、あんなに毎日更新していたブログ更新が月一です。
ま、どうでもいいですけどね。

実は1月はまたもや、鹿児島の妙見温泉へトリップしてきました。
前回の妙見温泉は「妙見温泉ねむ(そのときの記事はココ)」の利用でしたが、今回はもっと玄人好みしそうな「湯治の田島旅館」利用です。

田島本館のサイトは⇒こちら

湯治の宿 田島旅館

ここが受付で、中は本当に落ち着いた感のいい感じでした。
それはまた後日・・・
湯治の宿 田島旅館


ここの「神経痛の湯」は立ち寄りもできるので、神経痛持ちの私は夜中に利用しました。
日中から夕方はローカルオバに侵略されており絶望的です。
言い方を変えれば、鹿児島空港から車で15分位のところに300円で利用できる源泉かけ流し温泉があるという、鹿児島凄い!

立ち寄りの人が利用できない、宿泊専用の「きず湯/胃腸湯」もあるので、日中はそちらを利用して夜や早朝に神経痛の湯に利用しました。

もちろん温泉はすべて源泉かけ流しで宿泊中は好きな時間に利用できましたよ。
この更衣室、湯治の宿っぽくて良い。
余計なものは無いのです。

「神経痛の湯」、脱ぐための部屋。
湯治の宿 田島旅館

温泉は、私にはちょい熱め。
手前の小さな浴槽のようなところは水風呂でした。
これがまた、ものすごく冷たい。地下水なんだろうね。触感が地下水だった。
湯治の宿 田島旅館

田島旅館は風呂が本当に余計なものが無く、シャワーすら最低限。
頭をゆっくり洗っている感じでもなく、自分はそれを知って行ってたので、出かける前に自宅で洗髪していきましたけど。
湯治の宿ですからね、そのへんは。

温泉は良かったです。
特に、宿泊のみ利用できるきず湯が良かったです(単に一番ぬるかった)。
あ、あときず湯は美炭酸のお湯で、肌触りが柔らかでした。

ただ、炭酸泉って結構ガツンと来るんですよね。

また続く・・・
写真の仕上がりがひどい・・・ひどすぎる。

<PRでございます>



よろしければポチしてくださいませ~
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村





奄美の草花アルバム
寄ってみてください バナークリック


妙見温泉ねむ その5

9月の話がまだ続いている妙見温泉ねむのきろくです。 ⇒前回までの記事

今回の妙見温泉の話は今日で終わりです。
妙見温泉ってこんなところでした!

・・・とその前に、ホテルの朝食で腹ごしらえです。
この妙見温泉ねむの朝食は、時間にレストランに出ていけばお膳で出てきました。
妙見温泉ねむ

丁度良い量です。
卵や納豆が無いのは珍しいですね。
海藻や野菜が豊富で良いと思います。

あとはやっぱり、器が素敵だった。
食事も大事なんだけど、私の場合器や、器に汚れが無いか、そういうの気にするんですよね。

朝食の後に周辺を散策です。
旅館目の前の川にかかる橋を渡ります。
左手が宿泊した妙見温泉ねむ、右手が田島旅館です。
妙見温泉ねむ

田島も本当に魅力的な湯治宿で、いつか泊まりたいと目論んでいます。
かわいい猫さんがいるんですよね。

ちなみに夜も見に行ったけど、真っ暗で写真がこの有様でした。
しかしこの真っ暗がすごく良かった。デトックスに来ているっていう感じ??
妙見温泉ねむ

妙見温泉ねむの外観はこんな感じ。
古い廃旅館をリニューアルして作られたお宿です。
この日はメンテナンス中で足場がかかっていました。
妙見温泉ねむ

フロントやロビー、レストランはおしゃれに改装されています。
妙見温泉ねむ

妙見温泉ねむ

他には結構古い感じを醸し出している部分もありましたが、それも良い味を出していました。
ひなびた小さな温泉地なのですが、非常に穴場感があって良かった。
今回利用した9月は、まだまだ暑くってのぼせましたが、暑い日の温泉って何故か気持ち良いのですよね。

今度は冬の凍える日に行って、ヴェー暑っちい~死ぬー くらいまでとろけたい。
できたら田島旅館もいきたいな。
奄美からでも鹿児島なら結構気軽に行けるし、何よりも妙見温泉は食う王からも近い。

最高ではないですか?

<PRでございます>



よろしければポチしてくださいませ~
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村





奄美の草花アルバム
寄ってみてください バナークリック



妙見温泉ねむ その4

先月の話がまだ続いている妙見温泉ねむのきろくです。 ⇒前回までの記事

妙見温泉ねむ、ほとんど貸し切り状態の大浴場の他にも貸し切りの家族湯(貸切温泉)があります。
これがまた素晴らしい。
鹿児島には家族風呂文化があって、こういう追加料金なしで貸し切れることが多い!

この日はほかにお客さんが居なかったせいか、空いていれば好きな時に好きなだけ貸し切りできるようになっていました。
家族風呂は2つ。

一つ目は大浴場と同じお湯が注がれている風呂。
ワビサビがガツンと効いていていい感じです。
こちらも利用客が居ても居なくても、お湯がジャンジャンそそがれています。
妙見温泉ねむ

こちらは私にしては温度が高めで、一瞬利用して退散しました。

もう一つの家族湯がもう、たまらん、、、お気に入りとなりました。
大浴場や先ほどの家族湯とは別源泉の「ぬる湯」です。

妙見温泉ねむ

その名の通り、温度が低めの38度くらいでしょうか。
これはいくらでも入って居られる温度です。

手前の泡のような浮遊物は湯の花です。
湯の花がブワッと舞います。
妙見温泉ねむ

この日は暑かったので、ぬる湯堪能しましたよ。

ライオンのタテガミが温泉成分でガビガビなのが良いです。
妙見温泉ねむ

この家族風呂が敢えてリフォームされずに手つかずなのが良い!
渋すぎる、妙見温泉ねむ。

こんな感じでまだ一か月前の記事を書いているのですが、まだ続くのです。
というのも、ここは冬にまたリベンジしたい。
リベンジする気しか無いからです。すごい良かった。



<PRでございます>



よろしければポチしてくださいませ~
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村





奄美の草花アルバム
寄ってみてください バナークリック



妙見温泉ねむ その3

妙見温泉ねむ 、もう温泉が言うことなし最高なのはもちろんのこと、食事も良かったです。

夕食は旅館のレストランでいただきます。
私が宿泊した日は、夕食に来ていたのは自分の他に老夫婦1組だけでしたので、宿泊者は本当に2組かそこいらだったみたいです。食事なしでの宿泊もあるにしても、人に合わなかった。

貸し切り感満載なのです。

テーブルに着くと最初にこちら。
お刺身とお吸い物と、トマトの冷製のようなもの。
妙見温泉ねむ

お吸い物に花びらが散らされていてGood!
妙見温泉ねむ

タコと梅肉。
妙見温泉ねむ

ホタテとイチジク。
妙見温泉ねむ

メインのお皿です。
色とりどり、季節感あり、女性向け感しかない。
良いですね!
妙見温泉ねむ

鴨肉のお皿でした。
妙見温泉ねむ

最後にザ・鹿児島ということで黒豚しゃぶしゃぶと、ご飯お漬物。
そりゃ鹿児島です、しゃぶしゃぶ最高です。添えてある柚子胡椒が尚よい。
妙見温泉ねむ

妙見温泉ねむ

そしてこの玄米が非常に美味しかった。
これね、もっとアピールして良いと思う。
妙見温泉ねむ

デザートに梨とミカン。
下に敷いてあるミカンのジュレ、これ案外梨と合いました。
妙見温泉ねむ

どれもこれも美味しかった。
鹿児島でよくある、どれもこれも甘いというのが無かったのが大層気に入りました。
あと、お皿がどれも素敵なもので、きれいに整ってましたね~。

そして、そりゃもうお腹いっぱいで言うことなし。

お品書きを一つ添えていただけたら良かったけど、それでもこの内容で17000円/泊くらいのものでしたから、十分です。
激安なのではないでしょうか。
何回も言いますが、ほぼ貸し切り状態ですよ。



<PRでございます>



よろしければポチしてくださいませ~
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村





奄美の草花アルバム
寄ってみてください バナークリック



妙見温泉ねむ その2

前回からだいぶ時間が経ってしまいました。
まだ続く妙見温泉ねむのきろくです。 ⇒前回までの記事

大浴場は前回紹介した岩風呂と、もう一つ黄金湯があります。

この黄金の由来はこの黄金色に輝く湯船からだと思われます。
素晴らしいではないですか?
なんと、この温泉がほぼ貸し切りでした。
(人に遭遇した記憶が無いのよ。)

妙見温泉ねむ

朝風呂で利用すると朝日が入ってこの黄金色を堪能できます。
ジャンジャンかけ流しあふれる湯。
温泉成分で覆いつくされたタイル。たまらん、それに尽きる。

妙見温泉ねむ


でも、夜は夜でもいい感じ。
ノスタルジックな雰囲気。

妙見温泉ねむ

風呂に人が来なくてもお湯は注がれ続けています。
妙見温泉ねむ

この小金湯には露天風呂もありまして、またいい感じなんだ。
横は天降川が流れていて、そのせせらぎの音が本当に気持ち良い。
妙見温泉ねむ

妙見温泉ねむの大浴場を紹介しましたが、実はこの他に貸し切りできる家族風呂もありました。
すごすぎる。やばすぎる。

まだつづきます!

<PRでございます>



よろしければポチしてくださいませ~
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村





奄美の草花アルバム
寄ってみてください バナークリック



 | HOME |  »

プロフィール

かめとら

Author:かめとら
神奈川出身ですが現在は奄美大島で生活しています。
昭和生まれ。女。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
リンクフリーです。
お気軽にどうぞ(#^.^#)
もしよろしければ、またいつでもお越しください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

お気に入りブログ

かめとら推薦のブログばかりです

にゃんこ系お気に入りブログ

訪問させて頂いていますリスト

カテゴリ

植物 (1002)
ハイビスカス (87)
断捨離の話 (2)
生き物 (151)
昆虫 (63)
蜘蛛 (10)
料理・食べ物 (393)
チャロ (315)
シロ (99)
コネコ-ズ (124)
ベニー (8)
風景 (832)
名瀬市街地 (439)
奄美観光地 (64)
ビッグダディ (19)
歯医者 (33)
手芸 (1)
情報処理問題 (0)
グチ・文句 (9)
広告 (2)
その他 (861)
未分類 (148)
コスメなど (151)
忘備録 (0)
旅の記録 (617)
小倉の風景 (3)
鹿屋の風景 (3)
2013霧島紅葉の旅 (13)
2013京都冬の旅 (11)
2014東京の旅 (13)
2014GW鹿児島 (9)
2014秋鹿児島 (8)
2014秋OVO (14)
2014年末鹿児島 (10)
2015年2月鹿児島 (12)
2015年9月鹿児島 (12)
2016年1月成田 (7)
2016GW札幌 (22)
2017秋北海道 (37)
2018GW北海道 (24)
2018秋北海道 (35)
2019年秋北海道 (40)
2022初秋の熊本 (15)
2023鹿児島妙見温泉 (6)
2024鹿児島妙見温泉 (1)
槇原敬之 (329)
2013マッキー東京 (11)
2014春マッキー宮崎鹿児島の旅 (13)
2014梅雨大阪マッキーの旅 (11)
2015Lovable大阪 (13)
2015Lovable福岡 (9)
2015Lovable札幌 (15)
2015Lovable東京 (12)
2015cELEB東京 (8)
2015cELEB大阪 (10)
2017Believer名古屋 (8)
2017Believer福岡 (9)
2017Believer宮崎 (7)
2017Believer鹿児島 (5)
2017Believer大阪 (5)
2018TimeTraveringTour1st福岡 (9)
2018TimeTraveringTour1st鹿児島 (4)
2018TimeTraveringTour1st大阪ファイナル (8)
2019Design&Reason名古屋 (10)
2019Design&Reason神戸 (14)
2019Design&Reason福岡 (16)
2019Design&Reason大阪ファイナル (13)
2022宜候東京 (13)
2022宜候関西 (18)
2022宜候神戸 (13)

いろいろ













  

今までの来訪者

                     

現在の来訪者数

現在の閲覧者数:

                        

管理用画面




fx比較